スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイホーム計画中のみなさんの素敵なブログがたくさん♪
タメになる記事がいっぱい♪
素敵なおうちの計画の参考に♪

当ブログもランキング参加中です。

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
スポンサー広告
楽しい楽しい妄想の始まりです♪まぁ、楽しいのは僕だけですが(笑)
本日は眠兎邸間取り図2Fを公開です。まぁ、例によって拙いという形容詞が付きますが(汗)

こちら・・・
間取り2F

改めて見てもやっぱりシンプルですね。
シンプル過ぎて逆にわかりづらいかも・・・。
まぁ、よく見ていただいたらわかるようにほとんど間仕切りがありません。ので、「洋室」や「寝室」という表記ではなく、スペース(Space)という表記になっています。実際にD社からいただいたキレイな間取り図もそのような表記になっています。

空間を壁で極力区切らないことで、住む人の生活スタイルやセンスに合わせて自由にスペースを利用できる造りになっています。きっとこれには賛否両論あるでしょう。プライベートな空間がないとか、子供が大きくなったらどうするねんっとか・・・。

僕はこの間取りにはもちろん賛成する一人です。でないとこの家買いません。当たり前ですが・・・。
僕はプライベートな空間を今のところ欲しいとは思いません。奥さんも娘も当然ながら大好きです。だから、家族のつながりを何より大切にしたいのです。この間取りならどこにいても家族の気配が感じられます。プライベートな空間はトイレぐらいで充分です(笑)これはこの家を選んだ時点で奥さんも同じ考えなんだと思います・・・たぶん・・・。

で、子供が大きくなったら個室が・・・必要ありませんっ!!子供部屋を作り、小さいころから個室を与えてしまうと個室が必要になると思いますが、この家で育てるときっと個室が欲しいとは思わなくなるんじゃないかと思っています。
もちろん、子供のための「スペース」は造るつもりですが。

ちょっと親のエゴじゃないの?って言われてしまえばそれまでなのですが、僕もこの間取りを見てから、少しは考えてみたんです。で、自分の子供のころも思い出して考えてみました。

子供用の個室って、僕は中学生位のときにもらったんですよねぇ。大体必要なのはそのくらいの年齢からじゃないのかなぁ?少なくとも日本では。
で、早ければ大学生になるころには家を出て下宿したりするんですよね。ってことは個室が使われるのってほんの6年~7年くらいじゃないですか。だったらそのためにわざわざ壁作る必要ないかなぁって。いざとなれば家具なんかをつかって個室っぽい空間を作ってあげればいいんじゃない?って結論にいたったわけです。

リビングで勉強するこの方が成績がよくなるって話もよく聞きますしね。

いつまでも心にもリアルにも壁を造らない家族でいたいなぁなんて妄想してます(笑)

そうそう、壁がない分、建坪の割りに広くかんじるんですよ、この間取り♪

娘にいつまでもしゃべってもらえるパパになれるようにがんばらなくては(笑)

あっ、ちなみに子供部屋が悪いって思ってるわけではないので誤解しないでくださいね。
関連記事
スポンサーサイト

マイホーム計画中のみなさんの素敵なブログがたくさん♪
タメになる記事がいっぱい♪
素敵なおうちの計画の参考に♪

当ブログもランキング参加中です。

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
間取り | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。